Blogブログ

March 6, 2021

  • 小学校音楽科の鑑賞授業を生演奏でお届けする、
    「音楽の花束」オリジナル企画「学校授業サポート」。
    今年度の最終回は、目黒区立駒場小学校2年生に弦楽器紹介でお招きいただきました。
    コロナ禍での生演奏、これまでにない工夫が必要でした。
    感染対策としてはソーシャルディスタンス、マスク・フェイスガードのダブル使い、窓を開けて #換気 をしながら…と、学校様には本当に様々なご準備をきただきました。
    最終回はコントラバス、
    東京室内管弦楽団首席奏者 高杉健人さんとご一緒でした。
    2年生にとってソーシャルディスタンスを取った広いスペースは集中しにくい環境ですが、素晴らしい演奏は何者にも勝り、みんな楽しそうに聴き入ってくれました。
    写真を見ていただくとお分かりのように、高杉さんは子どもたち一人ひとりの顔を見ながら、それぞれに向けて語り、演奏してくださり、みんなの笑顔が溢れていました。
    こんな時だからこそ、「心から楽しめる音楽に出会って、この先も豊かな人生を歩んでほしい」と思います。
    「音楽の花束」の願いを込めた授業サポート、生徒さん、先生方、PTAの皆さまにも喜んでいただき、無事終了いたしました。
    お招きくださった学校様、PTAの皆さま、ご尽力くださった演奏家の皆さん、本当にありがとうございました!

#BLOG

Shareこのブログをシェア